So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

展示終了しました。




この度は、”いきうつし”と“しあわせあじ”にお越しくださり、ありがとうございました。
たくさんの方々に展示をみて頂いてとても嬉しかったと共に、勉強させていただきました。


 今回の展示は、展示を考える展示、写真を考える写真をテーマにしてきたつもりです。
その中で、写真というメディアの特性や距離の置き方が作品に及ぼす影響度を学ぶことができました。”写真とはなにか?”これは誰もがもっている且つ、絶対的な解がみつからない命題であります。
今回は、私自身でその命題に対して仮説置き、皆様に説明しました。


”写真は記憶である”

 記憶は、時間経つほどぼんやりと薄れていくものです。そして、いつか自分の意識から消えてしまうそんなものであると思います。しかし、消えた記憶がよみがえるということがあるように、一旦植えつけられた記憶というのは拭い去り難いものであるとも言えます。
私は、写真が過去の記憶を呼び戻すものであり、それを印画紙上に再現していることだと
考えます。暗室では、自分しかいない空間で向き合うことができ、自分が出会った過去と会うことができること、そして、1度印画紙に定着したイメージが簡単に消えない事実こそ”自分が生きる現実”に近いように思えるのです。


 今回の展示では、キャプションのみで説明文を置くことはやめました。
写真をみて何を感じて何を思うかが重要だと考えます。
(在廊できずにご説明できないかった方は申し訳ありません)

 最初から”解”を求めるシーンが多い世の中であると感じており、
写真をみるときだけでも、そうであってほしくないと思います。
なんでも”知っているつもり”知らないことがたくさんあるのが事実であり、生きていく中でなにかわからないものに出会うことのが多いと感じます。それと出会ったときに”それをとらえるプロセス”を通じて、意識していない部分を確認することが人生を豊かにしていくのではないでしょうか。


 生きることをテーマにしていている展示だと説明をしました。
”生きることを考えること=生と死を考えること”に限定されるが好きでないです。
(今回のように、展示としては生きることだけにフォーカスするのもいいと思います。)
もちろん、死についてもたくさん考えてます。死にそうになった経験もあります。
今後発表するものには、死についても少しずつ混ぜていこうと考えてます。


どうか、今後ともよろしくお願い致します。








展示します。 [ivent]

今回は個展です。2箇所同時です。
自分の中で”生きる”ことをテーマにした展示です。

DMがまだできていないので、ほしい方はメールを頂ければ、送付します。


期間:2013年4月6日(土)~8日(月)/4月13日(土)~15日(月)@プシュケ
RTM.jpg



期間:4月から(1ヶ月くらい)@イエネコカメラ
しあわせあじT.jpg

写真家という言葉について [メモ]

前提として、写真家という言葉について書いてるのであって、
写真家そのものについてはここでは言及しません。

ある人はいった。
写真家って誰かに「よし、今日からお前は写真家だ」って言われて写真家になるものじゃないから勝手に「写真家です」と名乗ればいいと思う。写真家志望の若い人たち。。。いつか写真家になりたい、なる、なんて思ってたら、いつまで経ってもなれないよ。いますぐに写真家と名乗らないと。始めることは、まずそこから。

別のある人はいった。
写真家は作品が売れてはじめてなれるものだと
作品が売れない人を自称とよぶ。と。。。。


ここでいうのは、覚悟であって、なにを言われても揺るがないものをつくることだと思う。


にしても、写真家という”言葉”がいかに偶像であるか。 言葉だけが暴走してる。


プロからすればプライドがあるから許せないのはわかるけど、
結局のところ、そんなどうでもいいような気がしますけどね
(ちょっと言葉が乱暴でごめんなさい) 


こんなおもしろい記事をみつけたので、引用をしてみると。。。


*引用:作家的写真、つまり「芸術としての写真」を手がけておられる作家だ。しかし、残念ながら日本においては作家的写真に対する世間一般の関心は低く、作品が 【作家的写真世界の外】で目に触れる機会も非常に限られている。

*引用2:そればかりか、多くの人々は「作家的写真の巧拙、良し悪しを判断できない」ため、作家とし て「自らが優れた行為者であること」を示すとなると、作品だけでは「不十分」と言わざるを得ない現状が存在する。


このあたりの話と、今日の写真家の定義と話がつながるような気がする。


結局のところ、写真というものの弱さが
その行為を実施する人の定義を揺るがしているようにみえる。


*引用元
基本的に写真楽しいですなんて言っているひとは信じない、と写真家は言った - http://blog.livedoor.jp/m_m1941/archives/52017303.html

写真日和

○御苗場というイベント

このイベントの表向きの主旨は理解できるし、すばらしいと思う。
今日も上手い写真の見方、撮り方なんて講座うけてきたけど、自分にとって内容はどうでもよかった。上手い写真なんていらないし、見方なんてない。

写真を知ってる、知ってないは関係ないです。思うことをそのままでよい。
知識がないとわからないみたいな言い方してるのは嫌い。
これは”日本の写真”のダメなところ。
そうやって自分たちで独占しようとするのがいまの社会そのままだと思ってます。

楽しいこと、おもしろいことは、みんなで共有できればなと思ってます。
1年前まで、”名古屋写真展ガイド”なんてことをしてました。

いろんな写真が1度に見えるって意味では
魅力的です。東京に比べて良い空間でした。
とくにひいて見ることができるのはすばらしいです。

あそこでの写真の見せ方は難しいです。
でも、売るだけの写真を目指す方向はやめてほしい。。。
お金の匂いが目立つようになってきたら、このイベントはおしまいだと思ってます。

あと、イベント主旨を理解していない方が目立ったので、
ある程度の審査は必要かと思いました。

主催側もそれを感じているようで、作品の陳列順に大きな変化がみられたのはその証拠かと。。。



○ギャラリーオーナーの展示
いつもお世話になってるギャラリーのオーナーの展示をみてきました。
ヌードの写真でした。

感想は、堅い。けど、心地よい。
もう少し、遊びができる余裕はほしい。

イメージと感覚はいつも共有しているせいか、スッと入ってきました。
とてもミニマムな展示でした。ある意味単調でつまらないって人もいるかも。

ブレがあるけど、エッヂがかかったイメージでけっこう鋭いです。
それでも、題名は優しい時間。。。撮ってる感覚の優しい感じってのはとてもわかる。

そのあたりがうまく伝わるといいなと。。。あの空間でもっとみせてほしかったと。。。
あと写真が弱すぎたかなと思ったけど、

暗室でプリントしているような感覚と似ていた。
引き伸ばし機で露光した後の印画紙を現像液と反応するように、
すぐに像は出てこないで、時間をかけて少しずつイメージは再現される。
その感覚がすごく心地よかった。

展示の場でつまんない話しかできなくてごめんなさい。
でも、こうやって感じたことは、後からでもお伝えするつもりです。
ありがとう。


○潮田さんの冷蔵庫

とてもミニマムな写真でした。
でも、そこに人がいた。

すごく緊張感のある写真だったけど、
写真の良さを知ってる人だなと思った。


そこのギャラリーのオーナーさんも写真のことをよく知っている人で
写真を買うってことに関して、30分以上お話した。
このあたりの認識は自分にとって間違ってなかったなと。。
自分の立ち位置が確認できました。

ポイントは、写真を買う、作品を買うってことは、単なる投資でなく、
後の世代に伝えるってことを含んでいるってこと。

だから、扱いができなくて、写真を手放した話をしたときに、
納得してもらえたと思ってます。


○ひさびさの再開
大学のときの友達とひさびさにワインを交わす。
あの時間は写真を撮らない時間だったけど、心地よい。

仕事の話、お金の話、人生の話。。。
自分をずっとみてくれている人の声はとても大事。
感謝の気持ちでいっぱいになりました。

展示終わりました。

きてくださった方、ありがとうございました。

今回のグループ展は、ギャラリーのオーナーの紹介で実現した企画です。
自分は参加する側ですけどね^^
今回のお約束は、”プリントをしっかりと”ってことで、とても苦労しました。
ひさびさにい長い時間暗室に入っていろいろ考えることもできました。


○プリントの良さ
プリントには意志がある。写真は弱いけど、プリントして目の前にあわられると、
何かしらの強制力を受けることがよくある。
それはプリントの力であり、魅力だとおもう。

写真は実体がないけど、プリントは紙としてそこに存在している実体である。
そこに像として写り込んでるもの実体はないけど。。

今回の展示は、プリントの再認識をしてほしい。
プリントってなんだろうか?写真ってなんだろうかって思ってくれたらとてもうれしい。


○ネットに写真をアップするってこと
ディジタルな世界では、写真アップロードすることができる。
それはディジタルの特性であるし、すばらしいところである。

でも、見る環境をコントロールできないのはデメリットであり、
且つ、イメージは先行するものなので、
自分の作品をアップロードすることはきわめて危険と考える。


○写真を印刷って呼ぶ人たち
写真を印刷って呼ぶのは間違ってないとおもう。
でもそれはディジタル出力することを前提としている。
結局、意識は、写真をアップロードする感覚の延長にある。

実際には、印刷することはすばらしいことなんだけど、
ディジタルになってもプリントと呼んでほしいし、
もっと写真を大事にしてほしいとおもう。


○売れる写真
毎回展示するときに、売れる写真の話になる。
写真を売ること自体は賛成である。
しかしながら、売れる写真を目指すことは否定的である。

売れる写真=商品性(ニーズ、品質)を孕むので、
素直に評価として受け取るのは難しいと思う。

しかしながら、1つの指標にはなるだろうけど。。。

展示します。 [ivent]

展示します。
また名古屋です。

場所は、前回と大須のプシュケってギャラリーです。
今回は、グループ展にお誘い頂いての出展です。

『三人展 「ポートレート」』
2012年10月12日(金)~14日(日)

12:00~20:00(金曜日・土曜日)
12:00~19:00(日曜日)

〒460-0011
名古屋市中区大須二丁目13番17号
地下鉄鶴舞線「大須観音駅」1番出口より徒歩3分

金曜日はいられるかわからないですけど。
土日は在廊できます。
もし、お時間が合えば見てきてください。


写真のお話でもできればと思います。

ここ最近の動向 [BOYAKI]


ここ最近、いそがしくしており、まったくmixiに触れていませんでした。
ごめんなさい。

ここ最近の動向をまとめて書こうと思います。



写真
この半年でまた写真のみえ方が変わってきました。
というのは、例年、この時期までは撮影に没頭するのですが、
今年は撮影回数を減らして、写真をみることをしてきました。
もちろん展示はします(10月名古屋で)。


実は今年1度展示をしました。
小さなグループ展でしたが、展示の質が向上していると思ってます。
単純に高額なフレームを使用するってことでなくて、
安価でも”みせる”ことができたと思ってます。

今度は自分の写真のほころびがみえてきたので、
もっともっとたくさん写真を撮りたいとおもってます。



○言葉
写真には言葉が不要だと思ってます。先日、アラーキーの写真をみましたが、まさに”言葉が不要”でした。でもそれは極論である。
自分の写真での表現力は、発展途上であり、言葉で補う必要があるということに気づきました。
また、感覚や思考をまとめるのに必要な道具でもある。
”写真が言葉を触発もの”でなくて、”写真を触発する言葉”であればいいなと思います。



○音楽
ここ数年、とくに写真をはじめてからは音に触れる機会が減っていました。
とくにクラブにいって生の音に触れる機会です。
先日、知り合いに誘われて久々に音に触れてきました。
それとつい先週のことですが、音とのかかわり方、楽しみ方を考える機会がありました。

以前みたいにDJとか音をつくることはありませんが、自分のアーカイヴがどうやら他のヒトとは違う領域にありそうなので、その辺を生かした何かをしたいと思ってます。



デザイン
写真を撮る上で、これはいままでの自分の中になかったキーワードです。
なので、これに関してはまったく経験がない未知の世界ということになります。

でも、写真や音、言葉、ヒトを”つなぐ”ことは、デザインに通ずると考えます。



○仕事
ずっとモノづくりをしてきました。
でも、日本でのモノづくりは廃れているといわれてます。
イイモノってなんだろうか。それを実現するにはどうしたらいいかと・・・

・好きなモノを扱う
→好きなことをするのではなくて、ヒトを幸せにするモノがイイモノだとしたら、これが重要である。 好きであることには理由がないから。これ以上の究極がないと考えました。

・つなぐ
→先の震災で感じたこと。それは”つながり”。ヒトはつながることで生きている。
つながりが薄くなったと言われる現代でも、つながることで強くなることができると感じました。
これは、ヒトの関係だけでなく、いろんなことに言えると思います。
上記に書いたデザインをすることそのものだと思います。

・できることを増やす
→つなぐことをするには、知ってること(アーカイヴ)を増やすことが大事。

・新しいものをつくる
→これはモノづくりの基本であると考えます。


○暮らし
たった1度の人生、いろいろ考えました。ありがたいことにこの暮らしに不満はありません。
でも、自分だけが幸せであっても仕方ないと思ってます。周りを幸せにすることが”明確に”できているといえないからです。
だから、もう1度ライフスタイルを考えたいと思います。

自分の余裕がない状態では、
もししたら、都会暮らしに向いていないかもしれないです。



○旅
ここ数年、まともに”旅”をしていません。ありがたいことにやりたいことが多すぎて、順位が下がってるだけです。
海外を行くことを模索しておりましたが、金銭的な理由で決断できないでいます。

でも、今の自分を壊す必要があるのは一番自分自身でわかってます。
客観的にみる場所がほしいのです。



○幸せ
自分にとっての幸せ、みんなにとっての幸せってなんだろうかってよく考えるようになりました。
自分にとっての幸せって少しずつ変化しているってこと。
いままで書いたことにきっとヒントがあると思います。

だから、もう少し時間をください。最善を出せるように。



○将来
5年後の自分
10年後の自分
30年後の自分
を考えます。

同時に、そのときの社会がどうなっているかを想像しています。

世の中暗いニュースが多いです。
でも、よく見てよく考えてから行動すれば、どうにかなると思います。
それは、周りのせいにするのではなくて、自分で解決するってことです。

だから、自分は”強い何か”をもって明るい環境つくりたいと思ってます。
そして、そこには幸せがたくさんある。そんな将来を描いてます。


前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。